様々なメンタルヘルス対策で輝く毎日を~気持ちを元気に~

Woman

心の健康を守る

メンタルヘルス対策とは

Man

メンタルヘルスとは心の健康を意味します。身体的な健康に対する精神的な健康の意味です。近年、企業内でのストレスでうつ病や不眠を発症したり、自殺に至るケースがみられるようになりました。また日本における患者調査ではうつ病などの気分障害は増えているにも関わらず、病院を受診している割合が低いことが問題視されています。 そのため平成27年12月より、職場におけるメンタルヘルスチェック制度が施行されます。具体的には企業が労働者のストレス状況を定期的にチェックし、労働者に結果を知らせて、受診を促すとともに、集団での結果を踏まえて労働環境の改善につなげていきます。 これらメンタルヘルス対策はすべての企業にとって取り組むべき課題となっています。

現状は

厚生労働省はメンタルヘルス対策を進めていますが、現状は約半分の企業で取り組みが遅れています。具体的には従業員数の少ない企業に多くみられます。その理由として担当するスタッフがいないことやどう取り組んでよいかわからないといった声があるようです。 しかし、メンタルヘルスの不調によって社員が休むと、企業は休職中の給与に加え、穴埋めする他の社員の残業代や派遣社員への支払いなど大きな負担を負うことになります。また訴訟などの危険性もはらんでおり、その予防としてのメンタルヘルス対策は早期に取り組むべき課題となっています。 これまで個々の企業で取り組むことが多かったメンタルヘルス対策ですが、現在では厚生労働省を中心に国が政策をすすめており、どのように取り組んだらよいかわからない企業でも様々なマニュアルやサポートが受けられます。