様々なメンタルヘルス対策で輝く毎日を~気持ちを元気に~

Woman

外部の企業に委託する

メンタルヘルス対策の重要性

Man

メンタルヘルス対策を外部の専門企業に委託する企業が増えている。パワーハラスメント、過重労働、その他精神的な悩みを電話やメールで相談するという形態である。企業とすれば、専門企業の経験・実績を信頼して、できるだけうつ病等の精神疾患になる前に、適切な処置を行い、社員が健康になってもらうという思いがある。専門企業は、電話やメールでの相談以外に、直接本人にあって話を聞いて、アドバイスをするというアクションも取ってくれる。現在、国は労働安全衛生法にメンタルヘルスチェックを義務化するという動きもある。企業にとって、社員のメンタルヘルス対策は、社員を守り、会社を守る事にもつながる。今後、メンタルヘルス対策専門企業の存在が増々重要になっていく。

復職前、復職後にサポートしてもらった経験

私は、3年前にうつ病で休職しました。私が勤める企業は、メンタルヘルス対策専門企業と委託契約を行っています。復職3か月前に、メンタルヘルス対策専門企業に電話連絡しました。復職前の不安や復職後、周りの社員の目が気になるという悩みを相談しました。担当のカウンセラーは、「3日会社に行けば慣れる」「周りはそんなに自分の事を意識しない」等色んなアドバイスをしてくれました。また、復職直前には、2回一緒に通勤訓練をしてくれたり、凄く親身で、温かい関わりをして頂きました。また、復職後も少し躓いて、会社を3日ぐらい休んだ時も、メンタルヘルス対策専門企業の事を思い出し、電話で相談しました。私のように精神疾患になった人のサポート、なる前の人のサポート、復職した後のサポートというように幅広い対応をして頂ける事が強みだと思いました。